出演者紹介 ARTIST

XUXU

  • 2018.10.12 更新
くるめ街かど音楽祭2018 出演日時・会場
10月20日(土)
・西鉄久留米駅 11:00〜11:30
・千栄禅寺 13:30〜14:00

会場スケジュール

2002年メジャーデビュー。
今日までに13枚のアルバムをリリースし、なかでも、世界の巨匠ピアニストの演奏を声で表現した「pianists」では「スイングジャーナル選定ゴールドディスク」を受賞。 また、同誌の人気投票にて「ヴォーカルグループ部門1位」を7年連続で獲得。

「しゅしゅ語」と称する独自のスキャットとメンバー自らが行う独自のアレンジ手法は、音楽之友社版「教育音楽」の楽譜掲載や、保育士や教員対象の講習会の講師を務めるなど、教育現場でも注目をあびている。また、「BSにっぽん心の歌」「題名のない音楽会」などのTV出演や、「阿久悠さんを送る会」にて「五番街のマリーへ」「時の過ぎゆくままに」を献歌として披露するなど、日本語の歌唱にも定評がある。

2007年よりヨーロッパツアーを敢行し、7ヶ国14箇所でコンサートを行うほか、パリの著名なジャズフェスティバル「Touches de Jazz」に日本人初招聘されるなど、世界にも活動の場を広げる。
ジャズピアニスト山下洋輔氏プロデュース「東京 オペラシティニューイヤージャズコンサート 2009」にて、 交響詩「ダンシング・ヴァニティ(筒井康隆原作)」コロス役で出演のほか、NHK BSプレミアム「宮川彬良のショー タイム」でミュージカルにも挑戦。

近年では、国連人口基金「お母さんの命を守るキャンペーン」のメッセージソング「MOTHER」や、SBC信越放送開局60周年記念「えがおキャンペーン」CMソング、また全国の自治体への地域応援ソングなど、オリジナルの楽曲も多数提供する。

現在、岩手県大船渡市の「さんりく・大船渡ふるさと大使」群馬県上野村の「上野村観光大使」「サンタクロースアカデミー日本本部客員教授」を務める。
2018年より平城京再生プロジェクトの「音の匠」として、平城宮跡歴史公園の音楽を担当。

出演イベント Event

  • 10 20 Sat

    「くるめ街かど音楽祭2018(10/20)」

    開催時間:10:00~17:00(各会場により異なります)

    会場:両替町公園、久留米シティプラザ(六角堂広場・Cボックス)、坂本繁二郎生家、JR久留米駅、青木繁旧居、千栄禅寺、真教寺、一番街プラザ、西鉄久留米駅

    出演者:
    メインミュージシャン:藤巻 亮太、シーナ&ロケッツ、ASTERISM、XUXU、植田 真梨恵、IRIKO、植田 真衣、Good Coming、COOL M.B、THE FOREVER YOUNG、野田 かつひこ、満井 よしか(KANIKAPILA)
    終了しました