出演者紹介 ARTIST

竜馬四重奏

  • ヴァイオリン 竜馬 / 篠笛 翠
  • 2016.10.06 更新
くるめ街かど音楽祭2016 出演日時・会場
10月29日(土)
・両替町公園 11:15~11:45

会場スケジュール

ヴァイオリンの竜馬、津軽三味線の雅勝、篠笛の翠、鼓の仁、の4人からなる古くて新しいユニット竜馬四重奏。

「音楽の力で人と人とを繋ぎたい」
「伝統楽器の響きを新しい形で伝えたい」
「日本人の魂を音楽にのせて世界に発信したい」
という強い信念のもと集った4人のサムライ達。
メンバー全員が国内屈指の名プレイヤーであり、これまで様々なキャリアを経て「自身が愛する伝統楽器をより多くの人に聴いてもらいたい。外に向けて発信していきたい。」
という強い想いと決意を持って、竜馬四重奏を結成。
表現するのは、古典音楽をベースにEDMやポップスなど現代的な音楽を取り入れた、新しい形のオリエンタルサウンド。
その独自性がシーンやジャンルを超えて、2014年にはスペイン「日本スペイン交流400周年」3都市ツアー、2016年「JAPAN EXPO THAILAND」に出演するなど、日本国内外問わずオファーが絶えず世界各国にて多大な支持を獲得している。


竜馬(りょうま) ヴァイオリン

千葉県市川市出身。
革命ヴァイオリニストの異名を持ち、国内外で活動する新進気鋭のアーティスト。千葉、東京、茨城、尾張、三河、姫路などに後援会があり、2015年より鴨川市観光大使を務める。
20歳の頃よりヴァイオリン奏者として300本以上の映画・テレビドラマ・CMなどのレコーディング参加し、劇団四季やミュージカル、多くの著名ミュージシャンとの演奏や舞台音楽の監督、アーティストやイベントのプロデュース、CMや舞台などへの楽曲提供など、音楽の枠にとどまらず幅広く活動。
現在は革命ヴァイオリニストとしてのソロワークで日本全国約700ヶ所1,000公演以上のライブを行い、竜馬を中心として結成した和楽器とのコラボレーションバンド「竜馬四重奏」として活動し、海外も含めると現在までに延べ約21万人以上の人々に音楽を届けている。


翠(すい) 篠笛

東京都港区出身。
歌舞伎役者と笛演奏家の血筋を引く。
2004年に伯父の前名である藤舎推峰を襲名。
古典の世界で研鑽を重ね、放送や舞台に数多く出演。市川團十郎丈のモナコ公演の他、アメリカ、イタリア、オランダなどの海外公演にも参加。
古典演奏活動の他、谷村新司、石井竜也、石川智晶のステージやレコーディングサポート、ジャズセッション、映画、CM音楽への参加等幅広く活動を展開。東日本大震災以降、年2回のチャリティコンサートを企画・出演を続けている。
東京芸術大学大学院を修了。在学中にアカンサス音楽賞などを受賞。平成23年国立劇場主催「明日を担う新進の舞踊邦楽鑑賞会」出演。NHK「にっぽんの芸能」独奏出演、NHK大河ドラマ「八重の桜」「軍師官兵衛」演奏出演。明治座「かたき同志」等、ドラマ・舞台所作指導。新国立劇場ダンス公演「近松DANCE弐題」公演への楽曲提供など、作曲作品も数多く発表している。

公式サイト http://ryoma-quartet.com

出演イベント Event

  • 10 29 Sat

    「くるめ街かど音楽祭2016(10/29)」

    開催時間:9:30~17:00(各会場により異なります)

    会場:両替町公園、久留米シティプラザ(六角堂広場・Cボックス)、坂本繁二郎生家、JR久留米駅東西自由通路、青木繁旧居、久留米カトリック教会、一番街プラザ、真教寺、西鉄久留米駅東口広場

    出演者:
    メインミュージシャン:佐藤 竹善、城 南海、植田 真梨恵 、KANIKAPILA 、MIOSIC、COOL M.B、16th Strings Guitar Trio、竜馬四重奏
    終了しました